丸善プラネット株式会社

サイトマップ
本づくりのお手伝い 書籍のご紹介 個別相談会 企業概要 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細

書籍詳細

キックオフの笛が聞こえる 画像

購入先

Amazon 購入URL
Honto 購入URL

キックオフの笛が聞こえる

日本のラグビーは横浜から始まった
1866年1月26日、日本で最初のラグビーフットボールクラブ「横浜フットボールクラブ」が設立された。日本ラグビー文化の黎明、その中心になったのは横浜在住の西洋人たちであり、開港の歴史とラグビーの歴史は切りはなすことができない。本書は丹念な資料整理によって、ラグビーの先駆者の登場やルールの整備を追いかけ、大学ラグビーの成立とワールドカップで日本代表が活躍する現在までをまとめた、日本ラグビー発展史書である。
【目次】
まえがき  「キックオフの笛が聞こえる」―日本のラグビーは横浜から始まった
序章    世界に発信したラグビーの力とRWC2019レガシー
第一章   英国パブリック・スクールとフットボール
第二章   「日本のラグビー発祥地 横浜」と初めてのラグビーマッチ
第三章   三高ラグビーの創部、早慶ラグビーから“ジャパン”の金星
第四章   ‟ジャパン”、初テストマッチの出来事と高校ジャパンの初海外遠征
第五章   「海の向こう」の甲子園と台湾ラグビー史話
第六章   横浜ラグビー史……大正期から神奈川県ラグビー協会設立まで
第七章   日本ラグビーデジタルミュージアムとラグビー史の語り部
あとがき  永遠のラグビー(茂谷知己) 
【著者】 長井 勉
【定価】 1540+税
【判型】 A5判
【頁数】 210ページ
【ISBNコード】 978-4-86345-490-3
【発行年月日】 2021/07/25
【ジャンル】 人文・社会科学 / 実用・趣味
ページの先頭へ
企業概要お問い合わせ製作料金早見表プライバシーポリシーサイトマップ
All Rights Reserved, Copyright(C) MARUZEN PLANET Co., Ltd. 2014